変形性膝関節症にはグルコサミンが効果的|手軽に行なえる改善方法

グルコサミンを摂取しよう

関節

自宅で治療を行おう

膝に違和感がないでしょうか。痛みはなくとも違和感がある場合には注意が必要です。そのまま放置していると変形性膝関節症になる可能性があるため、早期に治療を開始する必要があります。変形性膝関節症とは、関節を覆う軟骨がすり減ることで発症します。軟骨のクッション機能がなくなることで、骨同士がぶつかり合い始めるのです。骨がぶつかり合うことで激しい痛みを感じるようになり、体を動かすこともままならなくなってしまいます。そうなる前に治療を開始することで、変形性膝関節症を予防することが可能です。しかし、治療と言っても病院に通院する必要はありません。サプリメントでグルコサミンやコンドロイチンを摂取することで、自宅でも治療を行うことができます。

スポーツ選手の引退原因

サプリメントで特に摂取したいのが、軟骨を形成するグルコサミンです。グルコサミンが原料となり、軟骨は形成されます。グルコサミンは元々人の体内にもありますが、20歳を過ぎると大きく減少し始めます。スポーツ選手が引退する原因の1つに、体が動かなくなることが挙げられます。体が動かなくなる原因は、グルコサミンが減少することで関節の機能が若い頃に比べて落ちるためです。毎日トレーニングをしているスポーツ選手でも関節の機能は落ちるため、一般的な方はよりグルコサミンの減少に注意する必要があります。グルコサミンは1日1500mgの摂取が推奨されています。1日1500mgのグルコサミンをサプリメントで補い、変形性膝関節症を予防するようにしましょう。

Recommended

  • お悩み解決!妊婦さんのための便秘解消なび

    妊婦さんの便秘ケア方法ならこちら。効果的な健康食品を利用して、お腹のハリを改善してどっさりと出しましょう。

自分に合った種類を選ぶ

サプリメント

変形性膝関節症は、グルコサミンで予防することができます。グルコサミンは2種類あり、自分に合った種類を選ぶようにしましょう。甲殻類アレルギーの方は植物性グルコサミンを、トウモロコシアレルギーの方は動物性グルコサミンを選ぶことをおすすめします。

More Detail

DHAとEPAの重要性

膝

変形性膝関節症を改善するためには、グルコサミンとコンドロイチン、コラーゲンを摂取することが重要です。しかし、これらの成分だけでは不十分です。青魚に含まれるDHAとEPAも積極的に摂取することで、辛い関節痛を改善することができます。

More Detail

辛い症状に

家族

膝に痛みがある場合、もしかするとそれは変形性膝関節症かもしれません。酷くなる前に、専門医に相談しておきましょう。ただ、普段から予防しておくことも重要で、筋肉を鍛えたり、最近ではサプリメントなどがあるので、これからどんどん改善しやすくなりそうです。

More Detail